JA YOUTH リレートーク Lead in the Future JA YOUTH
JA広島農青連 トップページへ
活動紹介のページへ  
 
 
JA YOUTH リレートーク  
ひろしま「農」百景  
掲示板  
イベント情報  
各種応募フォーム  
加入のご案内  
メールでのご連絡  
JA全青協のホームページへ  
 
 
JA YOUTH リレートーク
 

第11回 JA広島中央青壮年連盟 委員長 村上 基治(むらかみ もとはる/50)

11-1私が農業を始めたのは、平成2年です。当時市場の仲買に努めていた26歳の夏、祖母の死をきっかけに実家に帰り、農業をやっていた父を見て自分なりにやってみたい!と感じました。

切花、鉢花、野菜へと作るものは変わりましたが、農業の面白さがわかりつつあります。

農業をはじめて

11-2農業を始めてすぐに、農青連のメンバーからの誘いで視察旅行へ参加し、衝撃を受けました。自分が思っていたよりも「進んで」おり、作る技術もさることながら、収入面もすごかったことを思い出します!

俄然やる気が沸いてきて、がむしゃらにやってきたように思います。

大学生との交流

11-3ここ3年余り、地元にある広島大学との交流を図っており、食育の「おとなバージョン」を行っています。

すぐに社会に出ていく大学生に対し、食の大切さや農業の大変さなど「農業の大事さ」を教え、食べられるということが当たり前になりすぎている恐ろしさを実感して欲しいと思っています。

最近思うこと

11-4今は物があふれる時代であり、コンビニ・外食産業などがどんどん増えて輸入物で食を満たす世の中ですが、本当にそれが続けられるのでしょうか。

世界の人口は増え続けています。輸入ができなくなることが怖いです。TPPもそうです。そのためにも「農業」にこだわりたい!